アレルギーとは

 

現代人に多いと言われるアレルギー。ここ最近は、アレルギー専門家ができるほど、アレルギーを持つ人が顕著に多くなったように思います。そもそも、アレルギーとはいったいなんでしょうか?

 

アレルギーとはドイツ語で、過剰な免疫反応のことです。外部から体内に入ってきた異物を取り除こうとしておこる反応で、毎日の生活環境や遺伝が多いとされています。

 

アレルギーについてこのような話を聞いたことはありませんか?「昔はアレルギーを持つ人が少なかった」と。最近では、菌を持つことを極端に嫌がり、除菌スプレーなどで過剰に清潔にする傾向があります。もともと人間は多少の菌を持っていることは当たり前のことなのだと、研究者がテレビで話していたのを聞いたことがあります。

 

その研究者が体内にサナダ虫を飼ってみたところ、長年悩まされていた花粉症が改善したというのです。実際に、清潔すぎる環境が花粉症やぜんそくにとても密接に関係していると発表されており、生活環境も大きな原因のひとつにもなっているようです。

 

アレルギーにはさまざまな種類と症状があります。

 

遺伝性のものならば、家族のアレルギー歴を調べたり、いつ、どのような症状だったのかなど、状況によってアレルギーの型が変わってきます。特に食物アレルギーなどの場合、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。アナフィラキシーとは、特に大きな免疫反応で、場合によっては呼吸困難を起こし、命にかかわる場合もあるので注意が必要です。

 

そうならないためにも、アレルギーの検査をきちんと受けましょう。アレルギーの検査は血液検査で簡単に調べることができます。(鼻炎の場合は、鼻水の採取もあります)幼稚園に入園前の子供たちは、幼稚園で出された給食でアレルギー反応を起こす可能性もあります。集団生活をし始める前に、アレルギーを持っているのかどうかの検査を受けた方が良いでしょう。